TOP PAGE » ストア, 漳平水仙, 青茶 Blue Tea »伝統 ショウ平水仙 2017年春茶

伝統 ショウ平水仙 2017年春茶

10130.06

 

名称 漳平水仙(蘭花香型伝統製法)
産地 中国・福建省漳平市双洋镇中村
種類 青茶
等級 特級
茶水の色 茶水の色:黄金色
このお茶に適した茶器 蓋碗・マルチティーサーバー・ティーポット
標準的な湯温 95~100℃

日本では殆ど見かけることのない希少な青茶(烏龍茶)です。

漳平水仙は福建省の漳平市双洋镇中村で伝統的に作られている青茶で現在は漳平市各地で作られています。とはいえ、各地のお茶市場で聞いても知らない茶商さんも多く、このあたりの出身という人を除けば中国でも殆ど知られていない珍しいお茶です。
私たちはずっと何年もこのお茶を探していましたが、ようやくこのお茶を作る茶農家さんと知り合い、出会うことができました。

別名を水仙茶饼、纸包茶と言い、闽北水仙種の葉を木で作った鋳型に入れて四角い固形茶にしています。世界で唯一の四角い固形の烏龍茶とされています。

通常の青茶と同様に(一部独特の製法をとっている工程もありますが)製茶を行いますが、乾燥を行う前にこのお茶独特の造型工程に入ります。4センチ角の木型に茶葉を入れ、厚さ1cm程度の大きさにし、白い紙で包みます。この工程は今も人が1つ1つ手で行うため、1個の重量はまちまちです。平均して10g前後になっています。

名前の由来は清の乾龍帝にまつわる伝説があります。
乾龍帝が福建の地を訪れた際に腹痛を起こして体調を崩して困っていました。侍女の1人がこの漳平の出身で、腹痛を治せるかもしれないとして出身地のお茶を献上したところ、すっかり乾龍帝の体調も回復しました。乾龍帝はこのお茶を褒め称え、献上した侍女の名前である水仙を命名したそうです。

漳平水仙には桂花香型と花香型とありますが、この漳平水仙は花香型の中でも最高品質の蘭花香型になります。標高800m以上の、漳平の中では最も高地の茶畑で作られています。また、機械を可能な限り使用しない伝統的な製法で作られています。
落ち着いた高い清らかな花の香りとほんのりと甘い乳香を感じることのできるお茶に仕上がっています。とろっとした茶水の通りに柔らかく丸い回甘、旨味とミネラル感がとても強く、茶樹の旨味を強く感じることができます。

ここ数年、漳平水仙をマイナーな地方茶ではなく、ブランド化を目指していこうという動きがあります。中国国内の茶商でさえも知らないようなお茶ではなく、全国規模で名の知れたお茶となることを目指して地域ぐるみで動いているようです。このブランド化への動きは価格の上昇も見られましたが、同時に製茶方法の改善という良い結果ももたらしています。

漳平

また、完全無農薬、有機栽培を徹底しています。茶畑の中には養蜂の巣箱が設置されていて、お茶と共にこの地での重要な農産物となっています。ほぼ手をかけずに育てている自然農法を徹底しています。

爽やかな甘味、ミネラル感、奥行きの深い滋味が花香と共に上品にバランス良くまとまっていて、品格のある蘭香と爽やかで深みのある優しい甘味が感じられます。特に秋茶は香りの良さと味の深みがよく出ています。

独特の形状から蓋碗をお勧めします。また、マルチティーサーバーやティーポットでも美味しく楽しめます。
湯温は茶餅をほぐす意味でも最初にさっと湯通しし、改めて95~100℃のお湯を注いで20秒ほどの抽出時間から調節してください。

綺麗な薄い金色のお茶です。非常に煎持ちが良く、淹れ方にもよりますが通常は15~20煎以上楽しむことができます。
1つの茶餅が大きいという場合は、なるべく茶葉を割らない様に普洱茶針などで適量に崩してお楽しみください。

2017年の春は天候にも恵まれ、大変に良い仕上がりとなりました。

発送は入荷後、6月17日頃を予定しております。ご予約は6月7日24:00までお受けいたします。
入荷予定数に達した場合はご予約の早期終了もございます。ご了承ください。

システムの都合上、本商品と一緒にご注文いただきました商品は本商品の入荷後、同梱での発送となります。先に発送をご希望される場合はご注文を分けていただけますようお願いいたします。

※ 茶餅の整形を手作業で行っている製法上、1つ1つの茶餅の重さは異なります。平均10g程度とお考えください。

※ 更に珍しい炭焙煎タイプ、紅茶の漳平水仙 紅茶もございます。

関連ブログ:
漳平水仙の産地
水仙茶合作社見学
漳平水仙 発祥の地
炭焙煎 漳平水仙

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10130.06-5 5個入りパック ¥2,730
売切れ 売切れ
10130.06-10 10個入りパック ¥5,300
売切れ 売切れ
10130.06