TOP PAGE » ストア, 普洱茶 プーアル茶, 黒茶 Dark Tea »古樹単叢 昔帰 2016

古樹単叢 昔帰 2016

10905.19

名称 古樹単叢 昔帰(古树单枞 昔归)
産地 中国・雲南省临沧市
種類 黒茶・後発酵茶
等級 – (希少茶のため等級なし)
茶水の色 茶水の色:黄色
このお茶に適した茶器 ティーポット・茶壷・蓋碗
標準的な湯温 100℃

普洱茶では有名な臨滄茶区の中でも香りの良さでは一番と評判の高い昔帰(昔归)の生茶です。
メコン川(瀾滄江)流域にあるその産地は、その豊かな土壌によって他の地域にはない香りと味わいを生み出します。その特別な香りと味わいの良さで非常に評価の高い地域ですが、一方で生産量が少なく、流通が豊富とは言えないお茶の1つです。

昔帰には古樹が多く、このお茶に限らず昔帰のお茶は古樹茶として流通することが殆どです。複数の古樹から摘み取った茶葉を製茶することが普通ですが、このお茶は「古樹単叢(古树单枞)」とあるように、1本の古樹から摘み取った茶葉からのみ作られている大変貴重なものです。このお茶には樹齢300年以上の大木から摘み取られた茶葉のみを使用しています。

1本の古樹から摘み取った茶葉からのみ作るお茶は、他の場所との茶葉が混じること無く、その土地のミネラル感が鈍ること無く表現されます。そのため、昔帰らしい高い蘭香がすばらしく、また、2016年と新しいお茶であるのにも関わらず、驚くほどに清らかな甘さ、強く、それでいて優しいミネラル感、余韻の強さが感じられます。これは昔帰のお茶でもなかなか出会えることのないレベルです。
また、新しい普洱生茶は強く、年月をかけて熟成しないと飲みにくいことが多くありますが、このお茶は違います。単一茶樹であることで古樹の柔らかさが十分に発揮されています。もちろん、年月をかけて熟成していく楽しみもあります。

香りは高く清らかな蘭花香です。これが普洱茶なのかと驚かれる方もいるかもしれません。実際、私たちも驚きました。
味わいは喉に残る雑味のない蜜のような甘味が広がります。続いて複雑なミネラル感がしっかりとあります。しかしながら、柔らかく、丸く感じられるのは土壌から吸収したミネラルを古樹ならではの懐の深さで優しくカバーしています。
近年はそのフレッシュさを、年月が経過して熟成が進んでからは、その奥深さを楽しめるお茶です。

一般的な餅茶と違い、産出量が少なく、大変に貴重で高価な茶葉のため、1枚の重量は約250gとなっております。

こちらはご予約商品となります。11月下旬の入荷を予定しております。11月20日までご予約を承ります。数量限定のため、ご予約期間以後の販売は現在のところ予定しておりません。

※ 餅茶をお買い上げの方には普洱袋をお付けしてお届けします。

販売価格(税別)
¥26,000
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ
10905.19 10905.19