岩茶 青獅子岩 奇蘭 2015

10103.03

名称 岩茶 青獅子岩 奇蘭
産地 中国・福建省武夷山青獅子岩
種類 青茶・烏龍茶(半発酵茶)
等級
茶水の色 茶水の色:褐色
このお茶に適した茶器 茶壷・蓋碗・ティーポット
標準的な湯温 95~100℃

この奇蘭は非常に上質な岩茶が作られることで知られる青獅子岩の中でも、少しメインの茶区から外れた、標高の低い場所で作られています。そのため、青獅子岩の岩茶の中でも非常にお求めやすい価格でご提供できる岩茶です。とはいえ、他の地域の単に正岩地域だからという岩茶とは味わいも香りも全然違います。

岩茶はその茶樹が武夷山のどこで栽培されたかで区別されます。武夷山風景区内の標高の高い地域にある岩山の自然環境で育てられて収穫された茶葉は正岩茶と呼ばれ、標高の低い地域のものは半岩茶(現在は標高に関わらず自然保護地区内で栽培されたものは全て正岩茶としていることが殆どのようですが当店では昔と同様の区分けを行い、標高の低い地域の「正岩茶」は取り扱いません)、武夷山の麓、平地で栽培されたものは州茶とされ、全く異なる地域で作られたものは外山茶と呼ばれます。これは育った環境の違いがお茶の香りと味に大きく影響するためで、岩茶本来のミネラル感や旨み、香気といった岩韻は正岩茶以外にはありません。不思議なようですが同じ武夷肉桂でも正岩茶と半岩茶、州茶では全く味も香りも異なります。
標高の高い厳しい岩山の隙間で育つ正岩茶は収穫量が少なく、平地のように畑を切り開く訳にもいかないため増産もできませんが、現在日本には肉桂をはじめ、沢山の岩茶が輸入されています。当然、中国国内での流通量はもっと多く存在していますが、正岩地区で採れるお茶がそんなに多くないのは容易に分かります。

この奇蘭はその中でも青狮子岩(青獅子岩)という、正岩地区の中でも特別な場所で作られた岩茶です。正岩地区の中にも場所により味わいや香りの優劣があり、特にこの青獅子岩で作られる岩茶は最高の味わい、香り、岩韻を備えています。青獅子岩の中でも標高が低い地域とはいえ、同じ品種の岩茶でも他の場所で作られた岩茶とは全く別物と言って良いほどの味わいと香りの深さがあります。

香りは清らかな花香と火の香りです。この品格のある花香は一般的な奇蘭とは全く異なります。味わいも爽やかな甘さがしっかり感じられます。それでいて蜜蝋のような茶樹の滋味が根底にあり、清らかで軽やかではあるものの、凄みを感じるような複雑な味わいが楽しめます。軽めの清香に仕上げていますが、本来、この茶葉が持っているパワーを十分に感じていただけます。

煎を進めていくと柔らかい果汁のような酸味も感じられるようになってきます。少し茶水にも粘性が出てきて余韻が長く続きます。

十分に楽しんだ後は茶殻も鑑賞してみてください。中国茶では茶殻の形も楽しみます。肉厚でグラマラスな茶葉は適度に柔らかく、葉の1枚1枚を大事に丁寧に製茶されたのが良く分かります。製茶師の技術の高さ、茶樹のポテンシャルの高さを感じます。

※ 缶入り装丁をご希望の場合はオプションでご指定ください。茶葉の量や形状などによってはお選びいただいた缶に入りきらない場合がございます。その場合は缶に入りきらない茶葉を別途袋装丁にてお届けいたします。装丁、缶の詳細はこちらをご確認ください。

※ ギフト包装をご希望の場合は有料にて申し受けております。ご希望の場合はこちらからご注文ください。

関連ブログ:
北京から武夷山へ
武夷山駅到着
武夷岩茶研究所 工場訪問(焙煎室)
武夷岩茶研究所 工場訪問(審評室と毛茶加工)
武夷山 水簾洞茶区
武夷山 慧苑茶区
流香澗と大紅袍母樹
武夷山 御茶園
武夷山市茶葉研究所と天遊峰、桃源洞茶区
武夷山 茶農家さん訪問

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10103.2-30 30gパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中・大)
¥3,150
在庫有り 売り切れ
10103.2-50 50gパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中・大)
¥5,200
在庫有り 売り切れ