TOP PAGE » お勧め商品, ストア, 武夷岩茶, 茶葉 Tea Leaves, 青茶 Blue Tea »老茶 流香涧(流香澗) 雀舌 2012年

老茶 流香涧(流香澗) 雀舌 2012年

10109.3

名称 流香涧(流香澗)雀舌
産地 中国・福建省武夷山流香涧(流香澗)
種類 青茶・烏龍茶(半発酵茶)
等級 特級
茶水の色 茶水の色:金色
このお茶に適した茶器 ティーポット・茶壷・蓋碗
標準的な湯温 95~100℃

この雀舌は武夷山の天心岩九龙窠という岩壁に数本だけ生えている大紅袍母樹の1つに起源する岩茶です。この有名な大紅袍母樹は「大紅袍」という品種ではなく奇丹、北斗、雀舌という数品種の茶樹で構成されています。雀舌には武夷山に最近持ち込まれた品種とするものもあるようですが、この雀舌は歴史ある大紅袍母樹にその起源を持つ品種になります。

雀舌は岩茶の中でも香り高く、味わい深い品種として知られていますが、この雀舌は中でも三坑两涧と呼ばれる、ワインで言うところのグランクリュ畑の1つに挙げられる流香涧(流香澗)で栽培された茶葉から作られています。岩茶研究所に所属する熟練した製茶師によるもので、1枚1枚の葉を大切に心をこめて製茶されました。

岩茶はその茶樹が武夷山のどこで栽培されたかで区別されます。武夷山風景区内の標高の高い地域にある岩山の自然環境で育てられて収穫された茶葉は正岩茶と呼ばれ、標高の低い地域のものは半岩茶(現在は標高に関わらず自然保護地区内で栽培されたものは全て正岩茶としていることが殆どのようですが当店では昔と同様の区分けを行い、標高の低い地域の「正岩茶」は取り扱いません)、武夷山の麓、平地で栽培されたものは州茶とされ、全く異なる地域で作られたものは外山茶と呼ばれます。これは育った環境の違いがお茶の香りと味に大きく影響するためで、岩茶本来のミネラル感や旨み、香気といった岩韻は正岩茶以外にはありません。不思議なようですが同じ岩茶でも正岩茶と半岩茶、州茶では全く味も香りも異なります。
標高の高い厳しい岩山の隙間で育つ正岩茶は収穫量が少なく、平地のように畑を切り開く訳にもいかないため増産もできませんが、現在日本には沢山の岩茶が輸入されています。当然、中国国内での流通量はもっと多く存在していますが、正岩地区で採れるお茶がそんなに多くないのは容易に分かります。

正岩地区の中にも場所により味わいや香りの優劣があります。特に近年は過去には半岩茶とされていたような地域の岩茶も自然保護地区内にあるという理由だけで正岩茶として出荷されてしまいます。岩韻が感じられるのは昔ながらの正岩茶地区のもので、特にこの流香澗がある地域は最高品質の岩茶が作られる場所として知られています。同じ品種の岩茶でも他の場所で作られた岩茶とは全く別物と言って良いほどの味わいと香りの深さがあります。
雀舌は育てやすい品種ということもあり、正岩、半岩、外山問わずかなりの量が栽培されています。その分、味わいや香りも様々で、着香かと思う位に華やかで煌びやかな香りのものも多く流通しています。この流香澗雀舌はそれらとは別のお茶と言って良いほどに品格を感じる落ち着いた華やかさを持つ岩茶です。
非常に質が良く、岩山のミネラルを豊富に含み、味わい深くパワフルなお茶であったため、2012年に作られてから火入れを適度に行いながら後熟成を進め、ようやく飲み頃を迎えました。このような岩茶は10年以上美味しく楽しむことのできるポテンシャルを持っているため、実質的には賞味期限が無いというほどに上質なお茶です。

砕けが殆ど見られない見事な茶葉です。茶葉の状態で既にこのお茶の質の高さを感じていただけることと思います。1枚1枚が存在感を持っています。しっとりとした艶が全体にあり、葉の大きさも比較的小さめの大きさで均一です。茶葉だけの状態で清涼感を感じる甘い香りがあります。

ティーポットで、中国式であれば茶壷や蓋碗で淹れてみてください。
驚く程に綺麗な花香と、それに遅れて蜜蝋のニュアンスも感じられます。柔らかい酸味と甘味にミネラル感、見事な岩韻が加わった上質な果汁のような感覚があります。華やかな花香のベースに岩韻がしっかり乗っているような、品格を感じる素晴らしい味わいです。そしてこのクラスの岩茶だけがもつ力強さも感じられます。

煎持ちも非常に良く、上手く淹れれば10煎以上楽しむことができます。緑茶と違い、「宵越しのお茶」もできます。十分にお湯を切って涼しい場所で茶壷ごと保存すれば、翌日もその続きを楽しめます。次の日に再度お茶を淹れる際には熱湯で軽く1回洗茶してからお楽しみください。時間が経過しすぎて、室温が高すぎたなどの理由で茶葉が変質してしまった場合は飲用を中止してください。
非常に高価なお茶ですが煎長く楽しめるためコストパフォーマンスはかなり高いと思います。是非ゆっくりと時間を取っていただき、じっくりと愉しんでいただければと思います。

十分に楽しんだ後は茶殻も鑑賞してみてください。中国茶では茶殻の形も楽しみます。実に美しく、艶があり、グラマラスな茶殻です。葉の1つ1つに神経を張り巡らせて丁寧に作られています。改めて芸術品のようです。この茶殻だけでもずっと眺めていたくなるような魅力があります。

※ 缶入り装丁をご希望の場合はオプションでご指定ください。茶葉の量や形状などによってはお選びいただいた缶に入りきらない場合がございます。その場合は缶に入りきらない茶葉を別途袋装丁にてお届けいたします。装丁、缶の詳細はこちらをご確認ください。

※ ギフト包装をご希望の場合は有料にて申し受けております。ご希望の場合はこちらからご注文ください。

関連ブログ:
北京から武夷山へ
武夷山駅到着
武夷岩茶研究所 工場訪問(焙煎室)
武夷岩茶研究所 工場訪問(審評室と毛茶加工)
武夷山 水簾洞茶区
武夷山 慧苑茶区
流香澗と大紅袍母樹
武夷山 御茶園
武夷山市茶葉研究所と天遊峰、桃源洞茶区
武夷山 茶農家さん訪問

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10109.3-20 20gパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中・大)
¥3,300
在庫僅少 売り切れ
10109.3-30 30gパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中・大)
¥4,900
売り切れ 売り切れ