TOP PAGE » お勧め商品, ストア, 台湾茶, 青茶 Blue Tea »溪頭 高山茶 2013年春

溪頭 高山茶 2013年春

20106.3

名称 溪頭 高山茶 2013年春
産地 台湾・南投縣鹿谷鄉渓頭地区
種類 青茶
品種 軟枝烏龍
茶水の色 茶水の色:黄金色
このお茶に適した茶器 茶壷・蓋碗・マルチティーサーバー・ティーポット
標準的な湯温 95~100℃

近年主流の醗酵の浅いタイプではなく、少し古い昔ながらの製法で作られた溪頭高山茶です。

標高1200m前後の茶畑から作られた高山茶で、2013年4月20日の摘み取りです。

非常に頑固でまじめな作り手さんによるもので、渓頭高山茶をはじめ、台湾高山茶には伝統というほどの歴史は無いのですが、流行に流されない、少し古い作り方を今も守っています。2012年の冬茶のシーズン前は雨が多く、茶樹の状態が良くないということで冬茶の製造を断念してしまったほど、こだわった製茶をする作り手さんによる上質な高山茶です。しっかりと丁寧に作られたこのお茶は、少し時間をかけて落ち着かせた方が美味しく楽しめます。

とても小さい、上質な茶葉です。深い緑と茎の金色が美しい艶やかな茶葉です。1粒1粒重量感のある茶葉からは甘い桜餅のような香りを感じていただけます。

茶壷や蓋碗をお勧めします。マルチティーサーバーやティーポットでもとても美味しく楽しむことができます。
湯温は丸く包まれた茶葉を開かせ、香りを十分に引き出す目的でも、高めの湯温をお勧めします。

桜餅のような甘い香りが心地よく、さらっと淹れていただければ清らかな高山気も楽しむことができます。甘く旨みの深い味わいで、雑味がないため、さっと軽く入れると高山気をしっかり楽しめるお茶に、じっくり淹れると旨みの強いしっかりと味わえるお茶と、淹れ方を変えて楽しめます。余韻も強く、飲み終えた後も身体の中から甘さと香りが戻ってきます。

十分に楽しんだ後は茶殻も鑑賞してみてください。中国茶では茶殻の形も楽しみます。大事に作られているのが伝わってくるような美しい茶葉をご確認いただけます。

※ 製茶方法の異なる溪頭 焙香高山茶もございます。また熟成を進めた溪頭 高山茶 2012年春溪頭 高山茶 2013年冬もございます。

※ 缶入り装丁をご希望の場合はオプションでご指定ください。茶葉の量や形状などによってはお選びいただいた缶に入りきらない場合がございます。その場合は缶に入りきらない茶葉を別途袋装丁にてお届けいたします。装丁、缶の詳細はこちらをご確認ください。

※ ギフト包装をご希望の場合は有料にて申し受けております。ご希望の場合はこちらからご注文ください。

関連ブログ:
台湾茶 お取扱い開始しました
溪頭高山茶・溪頭高山紅茶 入荷しました!

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
20106.3-20 20g入りパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中)
¥1,500
売り切れ 売り切れ
20106.3-30 30g入りパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中)
¥2,200
在庫有り 売り切れ
20106.3-50 50g入りパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中)
¥3,600
在庫有り 売り切れ
20106.3-100 100gパック
オプションを指定してください。
缶入り装丁(中)
¥7,000
在庫僅少 売り切れ