馬頭岩 金毛猴 2015

10136.01

名称 馬頭岩(马头岩)金毛猴
産地 中国・福建省武夷山马头岩
種類 青茶・烏龍茶(半発酵茶)
等級 特級
茶水の色 茶水の色:黄金色
このお茶に適した茶器 ティーポット・茶壷・蓋碗
標準的な湯温 95~100℃

茶葉が黄色がかっていることから金毛猴と命名された岩茶です。金毛猴は孫悟空のモデルとなったとも言われる中国原産の金色の猿で、中国では貴重な動物として知られています。武夷山の馬頭岩が原産とされ、生産量の少ない岩茶の1つです。

岩茶はその茶樹が武夷山のどこで栽培されたかで区別されます。武夷山風景区内の標高の高い地域にある岩山の自然環境で育てられて収穫された茶葉は正岩茶と呼ばれ、標高の低い地域のものは半岩茶。武夷山の麓、平地で栽培されたものは州茶とされ、全く異なる地域で作られたものは外山茶と呼ばれます。これは育った環境の違いがお茶の香りと味に大きく影響するためで、岩茶本来のミネラル感や旨み、香気といった岩韻は正岩茶以外にはありません。
標高の高い厳しい岩山の隙間で育つ正岩茶は収穫量が少なく、平地のように畑を切り開く訳にもいかないため増産もできません。希少茶です。今でこそ普通に見かけることの多い岩茶ですが、実はその殆どは正岩茶ではありません。

この金毛猴は原産地とされる馬頭岩で栽培された茶葉を使って作られています。馬頭岩は正岩茶地区の中でも非常に良いお茶が作られることで有名なエリアで、この金毛猴だけでなく他の品種のお茶もこの地域で作られたものは生産量が少なく、そして高値で取引されています。一度味わってみると分かりますが、こういった特別なエリアで作られた岩茶とそれ以外のものとは、同じ岩茶とは思えない程の違いがあります。
茶葉の持つパワーが強いのも特徴的で、おそらく茶畑の土が持つミネラルなどが茶樹、茶葉に影響するのか、長期間、長時間にわたって、その美味しさが楽しめます。この金毛猴も非常に力の強いお茶で、2015年の春に作られてから落ち着くまで1年以上必要でした。その間、定期的に茶師が評茶を行い、必要に応じて火入れを行い、ゆっくりと大切に育てています。大変に貴重な岩茶です。

果実のような、花のような心地よい香りを楽しむことができます。軽やかでありながら、奥行の深さを感じる複雑な味わいで、これ以上ないほどに美味しく、上品にまとまっています。この岩茶の美味しさはぜひ味わって、感じていただきたく思います。

大きさの揃った茶葉は細やかな艶をしっとりとたたえています。
ティーポットで、中国式であれば茶壷や蓋碗で淹れてみてください。透明感のある金色のお茶は煎を進めるほどに甘さと旨味を増していきます。

煎持ちは非常に良く、上手く淹れれば10煎以上楽しむことができます。緑茶と違い、「宵越しのお茶」もできます。十分にお湯を切って涼しい場所で茶壷ごと保存すれば、翌日もその続きを楽しめます。次の日に再度お茶を淹れる際には熱湯で軽く1回洗茶してからお楽しみください。時間が経過しすぎて、室温が高すぎたなどの理由で茶葉が変質してしまった場合は飲用を中止してください。

十分に楽しんだ後は茶殻も鑑賞してみてください。中国茶では茶殻の形も楽しみます。
深い緑と艶の美しい茶殻で、元の鮮葉の状態が分かるようです。柔らかくふっくらした茶殻はミネラルや旨みを十分含んでいたことが分かります。

少量生産品のため数量限定となります。(1パック30g)

※ 缶入り装丁をご希望の場合はオプションでご指定ください。茶葉の量や形状などによってはお選びいただいた缶に入りきらない場合がございます。その場合は缶に入りきらない茶葉を別途袋装丁にてお届けいたします。装丁、缶の詳細はこちらをご確認ください。

※ ギフト包装をご希望の場合は有料にて申し受けております。ご希望の場合はこちらからご注文ください。

関連ブログ:
北京から武夷山へ
武夷山駅到着
武夷岩茶研究所 工場訪問(焙煎室)
武夷岩茶研究所 工場訪問(審評室と毛茶加工)
武夷山 水簾洞茶区
武夷山 慧苑茶区
流香澗と大紅袍母樹
武夷山 御茶園
武夷山市茶葉研究所と天遊峰、桃源洞茶区
武夷山 茶農家さん訪問

販売価格(税別)
¥6,500
在庫状態 : 売り切れ
オプションを指定してください。
缶入り装丁(大)
売り切れ