TOP PAGE » お勧め商品, ストア, 新商品, 緑茶 Green Tea, 蒙頂茶 »2018年 明前 手工 蒙頂石花

2018年 明前 手工 蒙頂石花

10809.01

名称 蒙顶石花(蒙頂石花)
産地 中国・四川省雅安市名山県蒙頂山茶区
種類 緑茶
等級 特級
茶水の色 茶水の色:金色
このお茶に適した茶器 ガラス茶器(耐熱グラス・ポット)・蓋碗
標準的な湯温 70~95℃

日本ではあまり馴染みのない蒙頂石花ですが、その歴史は古く、中国の銘茶の中では最も古いお茶とも言われています。産地はその名の通り、四川省の蒙頂山とその周辺で、唐の玄宗皇帝から清代末までの皇帝献上茶でした。実は現地では蒙頂甘露と同じ位かそれ以上に馴染みのあるお茶で、お茶に関する歴史書などでは蒙頂甘露よりも高い評価を受けているお茶です。文化大革命などにより、一度その製法が途絶えてしまったお茶の1つですが近年になって復活しました。日本ではあまり名前が知られていませんが、四川省では蒙頂甘露よりも親しまれています。

この蒙頂石花は四川省雅安市蒙頂山主峰の標高1200m付近で栽培されている茶樹を2018年3月24日に摘み取り、製茶されています。今年は天候にも恵まれ、品質、味わい、香り共に高く良く出ています。手工、機械を使わずに全て手作りで丁寧に製茶されています。

蒙頂山

通常、四川省の緑茶は平地を中心に早いところでは2月下旬から茶摘みが行われます。当店では蒙頂山でも標高の高い、山深い場所にある茶畑を指定して製茶してもらっているため、一般的な四川緑茶よりもずっと遅い時期の摘み取り、製茶になります。この写真は以前に訪問した際の、その茶畑です。かなり山の中、山奥にあり、一般的な四川の緑茶よりも茶摘みが遅くなりますが、平地茶と違い無農薬、味わいの深さ、甘味の優しさはこうした厳しい環境によって作られます。

表面に艶のある若草色の茶葉で、蘭香と豆香が強く感じられます。扁平の美しい茶葉は、大きさも細かく揃っています。白毫がところどころに白く光るように確認できます。白毫というのは茶葉の先端についている芯芽のことで、紅茶ではシルバーチップなどと呼ばれる希少な芽の先端部分です。緑茶では一般的に白毫が多い方が良いとされ、この先端部分は甘さや柔らかさ、旨みなどを多く持っています。この蒙頂石花は希少なシルバーチップを使って作られています。

お茶の香りを楽しむためにガラス茶器(耐熱グラス・ポット)や蓋碗をお勧めします。現地では耐熱ガラスのグラスを使って翠の美しい茶葉を眺めながら楽しみます。

一般的に緑茶は低い湯温で楽しむとされていますが、この作り手の緑茶は非常に品質が高く、高温で淹れても雑味がありません。低温から高温までお好みの湯温で楽しむことができます。
とろみのある金色のお茶はすっきりとした豆香と花香が高く心地よく出ています。味わいはすっきりとした甘味でありつつも、喉にへばりつく様な蒙頂茶独特の甘味もあり、複雑でしっかりしたミネラル感、爽やかで心地の良い苦み、しっかりとした余韻が特徴的です。柏餅のような爽やかさと甘さを兼ね備えています。煎持ちも非常に良い蒙頂石花です。
飽きずに長く楽しめるこの美味しさは四川で一番人気のお茶ということが納得できる銘茶です。

飲み終わった後の茶殻も是非お楽しみください。中国茶では飲み終えた後の茶葉を鑑賞して楽しみます。翡翠のような、ふっくらと肥えた新芽で構成された茶葉がとても美しいお茶です。

関連ブログ:
蒙頂山 茶業訪問
蒙頂山 茶農家訪問

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10809.01-30 30gパック ¥3,000
在庫僅少
10809.01-50 50gパック ¥4,500
在庫僅少