TOP PAGE » 漳平水仙, 紅茶 Black Tea »漳平水仙 紅茶 2013年

漳平水仙 紅茶 2013年

10130.7

名称 漳平水仙 紅茶
産地 中国・福建省漳平市双洋镇中村
種類 紅茶
等級 -(希少茶のため等級なし)
茶水の色 茶水の色:ルビー色
このお茶に適した茶器 蓋碗・マルチティーサーバー・ティーポット
標準的な湯温 85~90℃

日本では殆ど見かけることのない希少な青茶(烏龍茶)の漳平水仙で作った紅茶です。2013年も入荷しました。

オリジナルの青茶の漳平水仙は福建省の漳平市双洋镇中村で伝統的に作られている、中国でも殆ど知られていない珍しいお茶です。私たちが出会った漳平水仙の茶農家さんでは、その漳平水仙の茶葉で紅茶も作っていました。漳平水仙の紅茶は青茶よりも更に希少で滅多に見つけることはできません。

通常の紅茶と同様に製茶を行いますが、乾燥を行う前にこのお茶独特の造型工程に入ります。4センチ角の木型に茶葉を入れ、厚さ1cm程度の大きさにし、白い紙で包みます。この工程は今も人が1つ1つ手で行うため、1個の重量はまちまちです。平均して7g前後になっています。

ゴールデンチップが含まれた茶葉は黒々として艶のある美しい茶餅の形をしています。良く見るとびっしりと白亳があり、上質な茶葉を原料としていることがわかります。

独特の形状から蓋碗をお勧めします。また、マルチティーサーバーやティーポットでも美味しく楽しめます。
湯温は茶餅をほぐす意味でも85~95℃で30秒ほどの抽出時間から調節してください。

ルビー色をした綺麗な茶水は深みのある甘い香りと深みのある旨味、甘さを持っています。中国紅茶にしては珍しく甘く柔らかい中にミネラル感も感じることができます。
紅茶でありながらも煎持ちが非常によく、かなり長く楽しめます。
特に今年は出来が非常によく、例年よりも甘さが深く、味わい深く仕上がっています。

暖かいお茶ももちろんですが、アイスティーにしても楽しめます。水出しももちろん美味しく楽しんでいただけますが、その場合は一度軽く熱湯を通して茶餅を崩してから水出ししてください。1つの茶餅でかなりの量の水出しが作れます。
また、自然に常温に戻した漳平水仙も深い甘味があり、体を冷やさずに美味しく飲むことができます。

とても珍しい固形の紅茶です。珍しいだけでなく美味しい、とっておきの紅茶です。

※ 茶餅の整形を手作業で行っている製法上、1つ1つの茶餅の重さは異なります。平均7g程度とお考えください。

※ 青茶(烏龍茶)の伝統 漳平水仙桂花 漳平水仙もございます。

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10130.7-5 5個入りパック ¥1,250
在庫有り 売り切れ
10130.7-10 10個入りパック ¥2,400
在庫有り 売り切れ
10130.7-15 15個入りパック ¥4,200
在庫僅少 売り切れ
10130.7