九龍巣 佛手 2020

10106.04

名称 九龍巣(九龙窠) 佛手
産地 中国・福建省武夷山九龙窠
種類 青茶・烏龍茶(半発酵茶)
等級 特級
茶水の色 茶水の色:黄金色
このお茶に適した茶器 ティーポット・茶壷・蓋碗
標準的な湯温 95~100℃

佛手柑と呼ばれる仏様の手のような形をした果物に、その葉の形状が似ていることから佛手という名がつけられた岩茶です。武夷山の樟堂涧一带が原産とされ、生産量の少ない岩茶の1つです。

岩茶はその茶樹が武夷山のどこで栽培されたかで区別されます。武夷山風景区内の標高の高い地域にある岩山の自然環境で育てられて収穫された茶葉は正岩茶と呼ばれ、標高の低い地域のものは半岩茶。武夷山の麓、平地で栽培されたものは州茶とされ、全く異なる地域で作られたものは外山茶と呼ばれます。これは育った環境の違いがお茶の香りと味に大きく影響するためで、岩茶本来のミネラル感や旨み、香気といった岩韻は正岩茶以外にはありません。
標高の高い厳しい岩山の隙間で育つ正岩茶は収穫量が少なく、平地のように畑を切り開く訳にもいかないため増産もできません。希少茶です。今でこそ普通に見かけることの多い岩茶ですが、実はその殆どは正岩茶ではありません。

この佛手はその正岩地区の中でも非常に美味しい上質なお茶が採れることで知られる九龍窠(九龙窠)で大切に育てられた茶葉から熟練した作り手によって作られました。

名付けの元となった佛手柑を連想させる爽やかな柑橘香と香ばしさのある焙煎香が非常に良く出ています。九龍窠の土質の良さを実感させる深みのある複雑なミネラル感、旨味、爽やかな甘味がこれ以上ないほどの良いバランスを持って楽しむことのできるお茶です。

関連ブログ:
北京から武夷山へ
武夷山駅到着
武夷岩茶研究所 工場訪問(焙煎室)
武夷岩茶研究所 工場訪問(審評室と毛茶加工)
武夷山 水簾洞茶区
武夷山 慧苑茶区
流香澗と大紅袍母樹
武夷山 御茶園
武夷山市茶葉研究所と天遊峰、桃源洞茶区
武夷山 茶農家さん訪問

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
10106.04-30 30gパック ¥4,350
在庫有り
10106.04-50 50gパック ¥7,000
在庫有り