北斗峰 老茶 瓜子金 2015

10134.02

名称 北斗峰 老茶 瓜子金
産地 中国・福建省武夷山北斗峰
種類 青茶・烏龍茶(半発酵茶)
等級 特級
茶水の色 茶水の色:黄金色
このお茶に適した茶器 ティーポット・茶壷・蓋碗
標準的な湯温 95~100℃

瓜子金といえば4大名欉ではないものの名欉と名高い品種です。実際に飲んだことがある方も多い品種ではないかと思います。分類的には奇種とされ、岩茶らしい味わいが楽しめる品種でもあります。
同じ岩茶の瓜子金でも栽培された場所によって味わいや香りが変わります。この瓜子金は武夷山の中でも上質な茶葉が作られることで知られる慧苑坑で栽培されています。

岩茶はその茶樹が武夷山のどこで栽培されたかで区別されます。武夷山風景区内の標高の高い地域にある岩山の自然環境で育てられて収穫された茶葉は正岩茶と呼ばれ、標高の低い地域のものは半岩茶。武夷山の麓、平地で栽培されたものは州茶とされ、全く異なる地域で作られたものは外山茶と呼ばれます。これは育った環境の違いがお茶の香りと味に大きく影響するためで、岩茶本来のミネラル感や旨み、香気といった岩韻は正岩茶以外にはありません。
標高の高い厳しい岩山の隙間で育つ正岩茶は収穫量が少なく、平地のように畑を切り開く訳にもいかないため増産もできません。希少茶です。今でこそ普通に見かけることの多い岩茶ですが、実はその殆どは正岩茶ではありません。

甘く深みのある果香と柔らかい甘味のバランスが良い上質な岩茶に仕上がっています。煎を進めていくと甘い味わいが変化してお菓子のようなニュアンスもでてきます。余韻が強く、体の中から旨みと香りが飲み終えた後に戻ってきます。2015年の春に製茶されてから5年間じっくりと後熟成してきました。深みのある落ち着いた味わいと香りは老茶ならではです。

30g包装

関連ブログ:
北京から武夷山へ
武夷山駅到着
武夷岩茶研究所 工場訪問(焙煎室)
武夷岩茶研究所 工場訪問(審評室と毛茶加工)
武夷山 水簾洞茶区
武夷山 慧苑茶区
流香澗と大紅袍母樹
武夷山 御茶園
武夷山市茶葉研究所と天遊峰、桃源洞茶区
武夷山 茶農家さん訪問

販売価格(税別)
¥4,500
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ