TOP PAGE » お勧め商品, ストア, 新商品, 陶磁器, 龍泉窯 »在山堂 劉傑 辛丑柴窯第三窯 梅花盞

在山堂 劉傑 辛丑柴窯第三窯 梅花盞

A02.33

名称 柴窯 梅花盞
作家名 刘杰(劉傑)
産地 中国・中国浙江省龍泉市蘭巨郷大汪村
種類 龍泉青磁
等級 窯玉
サイズ 直径約7.5cm 高さ約3.8cm
この茶器に適したお茶 全てのお茶

龍泉窯の劉傑大師による柴窯(薪窯)の梅花盞です。
新作になります。

劉傑大師は若くして中国伝統工芸大師、麗水市工芸美術大師となった非常に優秀な作家です。APECやG20、一路一帯といった国賓を迎えて行われる晩餐会で使用される食器の制作にも携わり、龍泉窯の中でも技術の高い作家として知られています。
竜泉の中でも郊外、携帯電話の電波も届かないような山の中に在山堂という工房を構え、作品を創り出しています。茶畑と竹林に囲まれた素敵な工房です。

龍泉窯 在山堂

彼自身、お茶が好きということもあり、非常に使いやすい茶器を創り出します。美しさだけでなく、細部までこだわり抜いた精密さは使いやすく、美味しくお茶を淹れることができる稀有な作品を生み出しています。
釉薬に至るまで自ら山の中に赴き素材を探して作っています。この釉薬は美しさだけでなく、不思議なことに岩茶や鳳凰単叢といった烏龍茶と非常に相性がよく、優しく柔らかくお茶を楽しむことができます。また縁の部分が薄く作られているため、お茶の味わいや香りを十分に引き出す工夫もされています。茶器の制作において、作家自身がお茶好きということが、稀に見る秀逸な茶器を生み出しています。

龍泉窯 在山堂

杯底には美しく精巧な梅花が施されています。粉青釉がその美しさをより引き立てています。

作家によっては型を使用して作品を制作することがありますが、彼の作品は基本的に型は一切使用せず、全て自らの手で作り上げています。またこの作品は柴窯(薪窯)であるため、ガスと違い、登り窯の内部全てを同じ温度で焼き上げることは不可能です。そのため1つ1つ色合いや造形は異なり、同じものは2つとありません。
特にこの作品は作家自身が完璧な仕上がりと認めた「窯玉」級となります。その中でも窯変と命名されていることからも、劉傑大師の予想以上に優れた釉相を呈した作品となっています。

証明書、専用箱付きです。

販売価格(税別)
¥39,000

(税込¥42,900)

在庫状態 : 売り切れ
売り切れ
A02.33 A02.33