TOP PAGE » お勧め商品, ストア, 新商品, 紫砂茶器 »湯宣武 大紅袍 西施

湯宣武 大紅袍 西施

A01.15

名称 西施
作家名 汤宣武 (湯宣武)
産地 中国・江蘇省宜興市
種類 紫砂茶壷
素材 原矿大红袍
サイズ 約210ml
この茶器に適したお茶 黒茶・烏龍茶・紅茶・白茶など

原矿大红袍を使用した国家級工芸美術師(国家级工艺美术师)の湯宣武による西施です。
表面には心経が施されています。

大紅袍というと岩茶を連想してしまいますが、実は紫砂の泥料にもその名前が使われています。明・清代から伝わる伝統的な泥料の1つですが、非常に産出量が少ないこと、扱うにはかなりの技術が必要とされるということなどがあり、今では殆ど見られなくなりました。
大紅袍を使用した茶壺はもちろん偽物もあります。紫砂の泥料の中ではトップクラスの硬度を持ち、焼成時の収縮度も一般的な泥料よりも大きいため、技術の高くない作家には扱えないものですが、着色した全く違う泥料を大紅袍と偽ったり、混ぜものをして柔らかく扱いやすくした大紅袍を使用した作品も残念ながら流通しています。
本来の大紅袍は一般的な紫砂泥料の吸水率が3~5%と言われているのに対して大紅袍は1%前後です。非常に硬度が高く、艷やか、お茶の味わいが非常に清らかに出る、朱泥系の泥料の中では最高品質とされています。

均整のとれた美しい造形と見事に硬く締まった艶やかな陶肌が素晴らしい茶壺で、お茶の種類を選ばずにお楽しみいただけます。やはり大紅袍泥料の艶やかさ、高い金属音のする硬度、深みのある朱の色合い、指が吸い付くような陶肌の質感、そしてなによりバランスの良い洗練された造形の完成度の高さは非常に素晴らしいものがあります。表面に施された心経の字体、バランスも素晴らしく、品格のある作品に仕上がっています。もちろん一切の着色を行っていません。
大きさも美味しくお茶を楽しむのに最適です。日本では小さめの茶壺が好まれますが、実際に美味しく中国茶を楽しむためには、ある程度の茶葉が広がることのできる大きさが必要です。また、高温で楽しむお茶であればなおさら、ある程度の湯量も必要になります。この形状とサイズは普洱茶、烏龍茶を楽しむには最適です。

湯宣武は非常に技術力の高い人気のある女性紫砂作家です。
夫である范泽锋は紫砂茶壷の大家で、彼の作品は既に日本円にして数十万〜数百万円という値がついています。湯宣武はその夫の影響を受けていることもあり、非常に質の良い土と狂いのない造形を生み出し続けています。

紫砂作家の国家級工芸美術師などといった肩書きだけで高値がついてしまう作家、作品と違い、硬く、上質な土を操ることの出来る技術力、狂いのない均整の採れた造形を作り出せる作家、体現した作品は、実はなかなか存在しません。
写真をご確認いただければ分かるように、非常に洗練された歪みのない造形です。

また、現在は紫砂泥の採掘井が政府によって閉鎖されています。そのため、紫砂茶壷の原料である紫砂泥の価格が高騰し、本来は茶器に使用されるべきではないような土も使用して作られることが多々あります。安価な紫砂茶壷はそのような原料を使用している可能性が高いだけでなく、土質が柔らかいため、相当な時間をかけてもなかなか美味しくお茶を入れることができるまでには育ちません。
湯宣武は夫の范泽锋と共に紫砂泥を既に確保しているため、非常に上質な紫砂泥を使用して作品を作っています。また、その技術力の高さから硬い土質のままで作り上げることができるため、とても硬度の高い茶壷になっています。彼女の茶壷は数回の使用で茶壷に香りや味わいが取られてしまうことなく、美味しくお茶を淹れることができます。

証明書、専用箱付きです。

販売価格(税別)
¥78,000
在庫状態 : 売り切れ
売り切れ
A01.15 A01.15 A01.15 A01.15